AIクラウドAiSeeの開発モデル説明


 従来システム開発では、難しいプログラミング言語を駆使し、かつ、単体テストに多くの人的リソースを投入しなければなりませんでした。その問題を解決するため、AIクラウドAiSeeを活用し、ノンプログラミングかつ要件変更にも柔軟に対応する、お客様の目的達成のためのシステム開発を短期間・低コストで実現します。AIクラウドAiSeeによる開発は、ほとんどソースコードを書く必要のない、業務アプリケーション開発を高速化するためのITツールと位置付けられます。一般的に、「ノンプログラミング開発」や「ローコード開発」と呼ばれます。


「ノンプログラミング開発」や「ローコード開発」とは

 業務アプリケーションの開発工数を短縮する、開発支援ツールや開発手法です。従来型の開発手法と、大きな違いがあります。従来型の開発は、ヒアリング、要件定義、仕様決定、基本設計、詳細設計、実装、テスト、リリース、運用等の工程フェースに従って、開発を行います。これに対し、ノンプログラミング開発やローコード開発は、コーディングやテストケースの自動化、業務要件から設計の自動生成などにより、工程の簡略化・自動化ができます。

また、従来のSIer主体の開発から、ユーザーが主体となって開発を行うことが可能となります。(システムの内製化)


AIクラウドAiSeeによる開発手法のメリット


 ・AIクラウドAiSeeによる開発は、開発工程の簡略化や自動化によって、開発期間や工数を劇的に削減できます。

 ・開発の自動化と短縮により、システムの仕様変更をよりスピーディかつ柔軟に行うことができます。

 ・ユーザーサイドが中心になって開発を進めることができるため、情報の乖離や認識のずれが起こり

  にくくなります。



開発段階

 業務ロジック・処理流れを日本語で記述

 ノンコーディングによる品質・生産性向上

 ツール利用による標準化

 モックアップ開発による手戻り削減

『AIクラウドAiSeeによる開発』 5つのメリット

AIクラウドAiSeeが課題を解決


運用段階

 カスタマイズしやすい、保守性が高い

 運用の標準化

 システム知識の継承

設計書に沿ったプログラムの自動生成

    

・システムの品質が安定

・仕様のズレを排除

・開発サイクルの短縮

・低コストでの開発

・開発効率の向上

・容易にツールの使い方を習得

             

Webアプリシステム開発の場合:

Webアプリケーション

AiSee

JavaPHPなど

開発言語の技能

なくても大丈夫

必須である

Html動的ページ

マシン自動生成

人手の作業が必須

サーバー側のプログラム

マシン自動生成

人手の作業が必須

JavaPHP言語の使用

必要なし

必須である

Html習得

少々、わずか

必須である

Androidアプリ

AiSee

JavaKotlinなど

開発技能

なくても大丈夫

必須である

Android側プログラム

マシン自動生成

人手の作業が必須

サーバー側プログラム

マシン自動生成

人手の作業が必須

Java,Kotlin等の使用

必要なし

必須である

Windows,Linux

AiSee

Java, C#, C++

開発言語の技能

なくても大丈夫

必須である

クライアント・プログラム

マシン自動生成

人手の作業が必須

サーバー側プログラム

マシン自動生成

人手の作業が必須

Java, C#, C++等の使用

必要なし

必須である

ソフト開発AIクラウドAiSeeとの比較

 AIクラウドAiSeeの開発モデルと従来型の開発モデルの比較を、下記に示す。

ウィンドウズアプリ開発の場合:

Androidアプリ開発の場合: